足脱毛を効果的にしたいが、痛くはないの?

足脱毛を効果的にしたいが、痛くはないの?

足脱毛について紹介している女性

脱毛というとフラッシュ脱毛、レーザー脱毛をイメージする方も多いかと思いますが、他にも絶縁針脱毛という確実性の高い脱毛方法も存在します。
これら3つの脱毛施術にはそれぞれ特徴があり、得意分野・苦手分野もはっきりしています。

 

では、足脱毛をする場合、もっとも痛みを感じずに施術が受けられるのはどの方法なのでしょうか?それぞれの脱毛法の特徴を見ながら考えていきたいと思います。

 

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛は主にクリニックや病院といった医療機関で行われている脱毛法で、適切に施術を行うことで永久脱毛が可能とされるものです。
レーザー脱毛の基本原理は、体毛内のメラニンに反応するレーザーの波長をムダ毛に照射し、反応によって発生した熱を利用してムダ毛の成長を司る「毛母細胞」を破壊する、というものです。

 

体毛の発生源を壊してムダ毛の数を減らすと同時に、新しいムダ毛の発生も抑制しよう!という仕組みなんですね。
レーザー脱毛は信頼性が高い脱毛施術ですが、肌や毛穴に対する刺激や痛みはそれなりにあるので、無痛の脱毛を求めている方は注意が必要です。

 

絶縁針脱毛の特徴

絶縁針脱毛は、その名の通り「針」と使う脱毛法。
直接毛穴に針を入れて電気を通し、毛の発生源である毛母細胞を破壊するというのが絶縁針脱毛の仕組みです。

 

ちょっと乱暴な施術に感じるかもしれませんが、3つの脱毛法の中では最も高い脱毛効果が期待できるため、しつこいムダ毛の処理に強いという特徴があります。
ただし、毛穴に針を入れるということからも分かる通り痛みを感じやすく、時には麻酔対策が必要となる場合もあります。

 

フラッシュ脱毛の特徴

フラッシュ脱毛は、基本原理はレーザー脱毛と似ていて、メラニンに反応する波長をもったフラッシュ光を肌に照射することで、ムダ毛の発生を抑制することを目的としています。
レーザー脱毛との違いは、使用する機器の違い(業務用・医療用)、照射される波長の違い、脱毛機器の出力の強さ(レーザー>フラッシュ)などとなっています。

 

脱毛効果は3つの中で最も低く永久脱毛もできませんが、肌に対する負担は最も軽く、施術中にほとんど痛みを感じないという特徴があります。

 

上記からも分かる通り、痛くない足脱毛を目的とするのであれば、フラッシュ脱毛が一番です。

 

特に、大手脱毛サロン・ミュゼプラチナムで使用されているフラッシュ脱毛器の性能品質は折り紙つきと言われ、痛みに弱い方でも安心して足脱毛ができると評判です。

 

しかしながら、フラッシュ脱毛だけでは施術が完了後にしつこいムダ毛が生えてくる、なんてこともるそうです。
そのため、足脱毛の口コミや体験談をチェックしてみると、フラッシュ脱毛で施術を完了させた後、しつこく生えてくるムダ毛だけ、効果の高いレーザー脱毛・絶縁針脱毛で処理したといったケースも多く見られます。